自動車七不思議

最近はインターネットも含めて多数の自動車メディアがありますね

最近はインターネットも含めて多数の自動車メディアがあります。古くは雑誌が主でしたがウェブメディアがスマホの普及によって主流になりつつあります。

 

未だに自動車雑誌を購入している人なんて珍しいですよね。

 

インターネットで手軽に見られるのでついつい私も見てしまいます。Yahooなんかでもいろいろ情報が出てきますよね。

 

ただ気になるのはなぜか外車、輸入車の話題が妙に多いということです。そんなに輸入車って走っているのかと言えば昔に比べるとやや増えた感じはします。

 

しかしほとんどの人は国産車に乗っていて輸入車なんて乗ったことがない人が大勢です。それなのに毎日のように輸入車の新しい記事、情報が出てきます。

 

これって誰が興味があるのか?なんて思います。また見たい人がいたとしても少数であり実際に買うことも乗ることもないんだから一切役に立たないのではないかと思います。

 

プジョーシトロエン、フランス車って…

日本でレアな輸入車と言えばフランス車です。ディーラーもドイツメーカーに比べると極端に少なく乗っている人も珍しいレベルです。

 

しかしプジョーやシトロエンなどの新車が出る度にメディアで話題になります。でもどこで買うの…?という感じ。

 

フランス車も素晴らしい車は多いと聞きますが日本人には非常に遠い存在で一部のオシャレさんが買う車でしょう。

 

「ドイツの高級車を買うのは気が引ける、そういうのはもう卒業したし、フランス車で小粋に行きたい」といった一周回った人やちょっと変わった人が乗るのがフランス車です。

 

決して第一本命になることはなくいきなりフランス車に飛びつく人はいないものだと思います。そういうこともあってか日本では極端にディーラーが少ないです。販売していないのだからそりゃ走ってないよなっていう。

 

それでも盛んに自動車メディアはフランス車を取り上げるんですよね。そういう記事の中には広告として出ているものもあると思うんです。しかしそうやって宣伝してもそんなに売れるのかな〜って。

 

個人的にはドイツの高級車は日本の道路事情からすると大きすぎるしむしろフランス車の方が庶民的で日本人の生活にマッチしているのに何で日本人はドイツ車好きなんだろうか?と不思議でなりません。頭が悪いのか???なんてたまに思います。

 

ドイツ車は宝の持ち腐れ

ドイツの高級車は多いです。例えばポルシェ、アウディ、メルセデス、BMWなど日本ではお約束の高級車がズラリ。VWも高級車ではないですが人気があるメーカーでしょう。

 

またドイツの高級車は中身が優れていてとても速いです。200キロ以上は余裕で出る車ばかりで凄まじいパワーを持っている車も多いです。

 

しかし日本の道路事情から言うと完全に無意味です。200キロ出して速度違反で捕まったらイッパツ免停ですかね・・・。

 

少なくても罰金がすごいことになりますので意気消沈です。

 

ただドイツ車のポテンシャルは高く、最近出たアウディRS5クーペなんかは危険な乗り物ですね。海外の人が200キロを大幅に上回るスピードでアウトバーンを走っていた映像を見ましたがこれ事故ったら死ぬな・・と確信するレベルです。しかしアウディRS5はひょいとアクセルを踏むだけで200キロを誰でも超えていきます。もっともその速度に耐えられるならですが…。

 

とにかく強烈なスピードがお手軽に出せる仕様となっています。

 

でも日本でそんな車必要なのか?ハッキリ言ってアウディRS5みたいな車はサーキット向けじゃないですしやっぱりアウトバーンのような高速路がある地域で普段使いするカッコいいクーペですよね。

 

日本では無駄って奴です。めちゃカッコいいけど今のアウディ RS5スポーツバックって。。

 

イタリア車に乗ってる奴はホンダ的センス?

日本でイタリア車に乗っている人は少ないです。
理由としては普段使いに耐えうるイタリア車が余りないということでしょう。

 

フィアットですと大衆車で価格も許容範囲ですが乗っている人は皆無です。やはり維持が大変だからかもしれません。

 

イタリア車は気まぐれ仕様なので突然故障したりします。今でも頻度は減ったと言えますがどこかしら壊れるのも気まぐれですね。

 

またイタリア車の高級車は本当に高級車で1千万円以上する車が多いですからうかつには乗れません。

 

フェラーリに乗っている人もいるようですがまるでホンダケイスケですね。そんなにかっこつけなくていいやんって思われがちなのがイタリア車です。

 

日本人には合わないな〜と思います。またイタリア人だってフェラーリに乗っている人なんてほぼいません。日本人の方がずっと裕福ですからフェラーリ所有率は高い筈です。

 

イギリス車に乗っている人なんているのか??

イギリス車は相変わらず日本では人気薄です。
今ではジャガーとランドローバーくらいしか思い浮かびませんが乗っている人も余り居ないですね〜。
イギリスは日本と同じ右ハンドルでそのまま持ってこれる?と思うのですがさっぱり流行っていません。

 

むしろドイツ車の右ハンドル仕様の方が多いのが不思議。

 

イギリス車は野暮ったいイメージも強いです。
ランドローバーはカッコいいという人がとても少ないです。そもそも知らねえよっていうところはあるでしょう。
クルマ好きの人ですと知らない奴なんているのか??とか言ったりしますが普通の人はランドローバーとレンジローバーの違いが分からないんですね。
どっちがどっちやねん!っていう。

 

ジャガーは錦織圭を広告塔に採用してジャガー大好きとか錦織が言ってますが日本人の感覚からするとさっぱりっていうところです。
とにかく錦織圭に親近感が皆無でマスコミが騒いでいるだけで大坂なおみレベルで錦織に日本人感がないというのが本音。
錦織って小さい頃にアメリカに行ってそのまま向こうにいるし実質アメリカ人じゃん、そういう人がジャガーから金もらってジャガー推しされても別に何とも思わないというのが日本人の感覚です。

 

ジャガーも販売店が極端に少ないメーカーでどこで買ったら良いのか分からない人が多いでしょう。

 

そもそも日本にはメーカー多すぎ事情

そもそも日本は自動車大国です。
国内メーカーが多すぎて更に輸入車メーカーもあるとなると需要と供給がマッチしていませんよね。
最近でも日本はデフレと言いますが供給量が多すぎるのが原因の一端なのではないか?なんて思ってしまいますよね。

 

貨幣量がどうのこうの言っている知的障害のある人達もいるのですがどう考えても供給力が強すぎてインフレにならないのじゃないかって思いましたよw

 

さてそういうことで輸入車は日本ではそんなに流行らないし何で自動車メディアが輸入車を毎日のように取り上げているのかという理由は分かりませんでした。
多分ですがネタがないということが原因なんじゃないのか。メディアでも日々記事更新や雑誌ではスペースを埋めないといけませんよね。

 

そういうことで輸入車の話題は便利ですから興味が少なくても空きスペースを埋めることができるということなのでしょう。

 

車買取 群馬